住宅ペイント:外壁屋根塗装・屋根だけ塗装・屋根の葺き替え

住宅の外壁屋根塗装が300万円近くってお話を聞いた事はありませんか??

 

実際、見積りを依頼されたお客様や大手の下請けをやっている塗装屋さんからもよく聞きます。

 

そこで!!「リフォームでもいい家安く!」のスターフィールド建築設計では、適正価格でご提案させて頂きたいと思っております。

そもそもな話、「別に住めないわけじゃないのに、100万も150万もかけて外壁を塗装する意味があるのかしら?」と思われる方もいらっしゃると思うのです。

外壁塗装には、もちろん美観を保つという目的もあります。
ですが、本来は建物を防水して寿命を延ばすことが目的なのです。

では、塗装によって防水しないと、どういった事態におちいってしまうのでしょうか。

壁から入り込んだ雨水が、下地の柱を腐らせてしまう!

壁のひび割れや塗装の膜が劣化すると、壁の内側に雨水が入り込みます。

これを放っておくと、下地の柱を腐らせてしまいます。

屋根からの雨漏りならともかく、壁の雨漏りは見た目ではひび割れくらいからしか確認できないので、案外見落としがちなのです。

白蟻被害につながることも!


この状況に至ると、材木は湿気を多く含むので、

白蟻を呼んでしまう可能性もあります。


この状態では、いざ外壁塗装をしようと思った時には建物の木材がボロボロで、塗装だけでは済まないことさえ少なくありません。

 

こういった状態になる前に施工することで、コストも安く抑えられ、綺麗に仕上がります。

また最近では意匠性サイディングが普及してきており、クリア塗装が増えてきています。

 

クリア塗装はサイディングの状態が良くないと塗装できないので、新築時にいいサイディングを貼ってもタイミングが遅くなってしまうとクリア塗装ができなくなってしまいます。


目安としては10年以内が望ましいと言われています。意匠性サイディングの場合は早めに塗装したほうが懸命です。

人の体と一緒ですね。同じことが、外壁塗装にも言えるのです。

外壁屋根塗装(写真をクリックして下さい)

屋根塗装(写真をクリックして下さい)

屋根葺き替え(写真をクリックして下さい)

カバー工法

和瓦の葺き替え(写真をクリックして下さい)

和瓦を金属屋根に葺き替え