ソーラー太陽光発電システム

トリナスマート導入

 

従来通り電力会社とつながっていて、我が家で発電した電気は普段の生活で使い、つくり過ぎた時は、電力会社に買ってもらうシステムです。


太陽光や風力など、自然の力による再生可能エネルギー源を用いて発電された電気を、一定の期間・価格で電力会社が買取ることを義務付けた「再生可能エネルギー固定価格買取制度」が、平成24年7月1日にスタートしました。
電力会社による買取価格・期間については、設置コストなどの実態を反映して、原則毎年度見直しが行われ、年々下がる傾向があります。


昼間に発電し使用しても余った電力は電力会社に売り、雨の日などの発電量が足りない時や発電しない夜間は従来通り電力を購入します。電力会社との系統連係により、このような電力の売買を常に自動的に行います。

見積書